株式会社shoichi

【PR】余剰在庫を活用しカンボジアの孤児院で日本語学習を支援

2020年10月06日 2:50 PM

カンボジア孤児院での日本語学習
余剰在庫の廃棄ゼロを目指すエシカルプロジェクト活動レポート

『TASUKAI 0 PROJECT』による、カンボジアの孤児院での日本語学習プロジェクト開始から1年が経過しました。日本語教育を通じて、カンボジアのこども達の支援を継続します。

TASUKAI 0 PROJECT活動レポート

活動レポートvol5
TASUKAI 0 PROJECT(助け合いゼロプロジェクト)では、国内の余剰アパレルの販売を行い、売上の一部を現地で活動するNPO、NGOを通じて社会貢献に役立てています。
2020年7月末で販売累計枚数は3,546,817枚となりました。

『廃棄ゼロがこども達の未来を創る』をキャッチフレーズに衣料品を通じて日本と海外をつなぐ事業に取り組んでいます。活動レポートを通じて事業の取り組みと、出会うたくさんの人たちの活動の様子やこども達の笑顔をお届けします。
活動レポートはこちら

カンボジア・プノンペン市内の孤児院で日本語を学ぶこども達

カンボジア孤児院
カンボジア孤児院

SFODA孤児院にて日本語の学習が始まり1年が経過しました。
毎日1時間の日本語学習を支援しています。孤児院では、こども達が日本語を習得しやすいように絵本や教科書を使います。ひらがなとカタカナを覚えてからは、こども達の日本語習得が速くなりました。

新型コロナウイルス感染防止のため、2020年3月16日よりカンボジア全土の高私立学校が休校となりました。学校閉鎖に伴いオンライン学習が推奨されていますが、十分な教育を受けられないこども達が大勢います。
カンボジアの200万人のこども達はスマートフォンやテレビが無いため、通信教育やEラーニングで学習をすることができません。地域・環境の差により学力に差がついています。
自宅学習を継続できるように保護者に環境整備の促進が求められています。家庭環境が整っていないこども達にとって、自主的に勉強することが必要です。
TASUKAI 0 PROJECT(助け合いゼロプロジェクト)は日本語教育を通じて、その手助けをしていきます。

コメントは受け付けていません。


【著者紹介】 山本昌一山本昌一
株式会社Shoichi代表取締役

大学在籍中からヤフーオークションでブランド商品・アパレル等の販売などを行い オークションで仕事をする自営業の道を選ぶ。 その後在庫処分ビジネスをスタートし、20年間在庫処分の業界に身を置く。 累計4000社のあらゆる在庫処分を手掛ける。

見積もり無料!!050-3151-5247

お問い合わせ

在庫処分の流れを漫画で見る

TASUKEAI PROJECT 0

副業セミナー

オークション価格相場研究所

アパレルOEMをご依頼の方へ

海外でのお取引をお考えの方へ

アライアンスパートナー募集

人材募集のご案内