株式会社shoichi

‘山本昌一ブログ’ カテゴリーのアーカイブ



 

●幸福論● 僕と、僕に関する全ての人が、この文章によって少しでも「人生が幸せに」なるために。その1

●幸福論● 僕と、僕に関する全ての人が、この文章によって少しでも「人生が幸せに」なるために。その1

●幸福論
幸福論。
僕が考える「幸せ」と、「幸せの生み出し方」について書き残しておこうと思う。
もし世の中に「平均的な幸せさ」というものがあるならば、僕の幸せさは平均よりは絶対上回っていると思う。

そして、僕の幸せさは、偶然生み出されているわけではない。
自分で、意図的に、能動的に生み出している部分が大きい。

では、どうやってその幸せを生み出しているのか。
それを記すことによって、僕の好きな人達を幸せにできるかもしれないし、僕自身が迷った時の役にも立つ。
そう考えて、本文を記す。
本文は僕の行動原理の根幹となっている部分なので、何かご意見などあれば、是非頂きたいと思います。

●目標の分析。そもそも幸せとは。
まずは何から手をつけるのかと言われたら、目標の分析である。

幸せになろうと思ったら、まずは幸せの本質を知らないと幸せになることはできない。
幸せになろうと思ったら、幸せとはなんなのかを考え、徹底的に分析し、他者の考えを聞き、自分の中で定義付け、その定義を心から納得し、
その定義をもって細かな「目標」に落とし込まなければならない。

目標を達成した瞬間に「これは本当に俺の求めていた幸せなのか?」と考えるような、納得感の少ない目標では意味が無いのである。
何故なら、納得感のない目標では、それを信じて進む力が弱くなるから。
納得感を持って目標を立てることが出来れば、目標を達成するための方法は全て一緒である。
目標分析→プロセス構築→実行→改善→プロセス構築→実行→改善……→目標実現。
で、目標実現=幸せ実現。
これで目標の先にある「幸せ」に到達する道が見える。

●幸せの定義
さて、幸せとは何か。
どういう状態が幸せなのだろうか。

幸せに関する問題は、私が昔、15-16歳の頃よく考えていたが、結構悩んだのを覚えている。
「人よりも幸せになりたい。」
僕のこの漠然とした、しかし強い欲望が、僕を子供の頃からこの問題にのめりこませるきっかけになった。

高校の頃、東大京大を受験しようと考えている友人たちと教室でダラけながら、「人間って、どーやったら幸せになると思う?」と聞いてみたことがある。
そしたら4人の友人たちはぶっきらぼうに、
「ショーイチ、今からダッシュでカルピスウォーター4本買ってきてくれよ!!そしたら幸せになるよ!!ギャハハ!!」という回答。
さすが俺の友達。頭がイイ割に直接的だ。。。

皆様、挨拶がわりの笑い話と思うなかれ。
僕は色んな場面で色んな人にこの質問を投げかけているが、基本的に上記の友人たちと回答は変わらないのだ。
「給料が上がったら幸せになりますよ…」
「可愛い彼女ができたら幸せになりますよ…」
「健康になったら幸せになりますよ…」
「あのムカツク上司が死んだら幸せになりますよ…」
「仕事がうまくいったら幸せになりますよ…」

特に給料とかお金の話が多かった。
要は欲望(物欲、知識欲、金銭欲、権威欲、性欲、友情、家族愛などなど)がかなえば幸せになるという説が、世間一般の通説らしい。

僕もそうだと思っていたが、どこか違和感があった。
それもそのはず、カルピスウォーターが、給料や彼女に変わっただけで、論理的には何も変わっていないのだ。
欲望がかなえば幸せになるというのは、本質的ではないと感じていた。

●感情論
「欲望がかなう=幸せ」という図式は簡単に頭に浮かぶ。
しかし、私に取ってその図式は、しっくりこなかった。
この図式はどこか間違っている…
シンプルな直球ではない気がする…
そういう漠然とした違和感があった。
本問題に関しては、ガキの時分だが、結構悩んだ。
「欲望と幸せ」のプロセスの間に何か挟まっている感じがする…
何だ…
なんやねん…
なにがちがうねん…
正しい回答ではない違和感がする…
正しい回答というか、ただただ、「欲望」をかなえ続けるだけでは幸せになれない気がする…

こういう本質を問う議論は、とにかく、どこでもいいから議論して、学校でも通勤でも考えて、それからまた2軒目のバーでまた飲みながら議論して、
朝まで考えて、一周回ってそれでもまた議論しつくす。
すると、行き着く先はたいていシンプルな回答になることが多い。原理原則や、真理は常にシンプルだと思う。
皆さんもそういう経験があるはずだ。

で、あるときスッと答えが出た。

「そうか、「感じる」が抜けているんだ。」

プロセスとして、欲望がかなう→幸せというのは間違っていない。
欲望がかなう→満たされる→幸せを感じる、が正しい。
どーなったら幸せかわからない、ではない。
正しい表現は「どーなったら幸せを感じるのかわからない」だ。
幸せになる、という抽象的な表現ではなく、「幸せを感じる」だ。

「幸せは、感情である。」

だから我々は、「幸せを感じる」ためにどうしなければならないか、を考えなければならない。

幸せの定義は「自分が幸せと感じること」、だと僕は考える。
●幸せを感じる方法
上記の議論を踏まえると、我々が「幸せを感じる」スキームは下記になる。

・1事象→2感情→3幸せ

もっと細かくいうと

・なんかの事象がある→それに対して、自分の価値観を通じて感情が生まれる→この感情が幸せに分類される感情であれば、幸せを感じる。

例に例えると

・例*友人が焼肉をおごってくれる→焼肉はうまい!しかもタダだ!!→「うまい」という感情、「おごってもらう」と言う感情は、僕の中では幸せに分類される。
幸せに分類される感情なので、幸せを感じる。
ここまでの理解は良いだろうか。当たり前すぎるが、その当たり前なことを確認することが納得感につながるのである。もう少しお付き合いいただきたい。
では、次。
どーやったら「幸せを感じる」事象を増やせるのか。

もう皆さんおわかりだろうが、単純に「今、幸せを感じる」事象を増やすのが、カルピスウォーターである。
給料であり、可愛い彼女であり、焼肉ジュージューなのである。

我々が真に潤沢な、溢れんばかりの幸せを享受するためには、カルピスウォーターだけでは足りない。
3段階に論じないといけないのだ。

すなわち
・1事象を増やす。
・2感情→3幸せ。幸せに分類される感情の種類を増やす。
・1事象→2感情。幸せに分類される感情を感じる事象の種類を増やす。(これ、わかりにくい。あとで詳しく説明します。)

1事象を増やす。に関しては当たり前すぎるので、ここでは論じない。

●2感情→3幸せ
まずは、「2感情→3幸せ」から話そう。こっちから話したほうがわかりやすい。

当たり前だが、同じ感情でも、人によって、幸せと感じるか感じないかが違う。
たとえば、一般的に満腹感は幸せだと考えられているが、明日オーディションのアイドルからしたら罪悪感を感じるだろう。
家でダラダラと一日を過ごし、ダラダラ感を享受することは、忙しいビジネスマンにとっては死を意味するが、ニートからしたら大歓迎である。
「幸せを生み出す」ためには、その手前、「2感情→3幸せ」の部分を精査する。
この場合、「感じる幸せの総量を増やす」と言い換えたほうがわかりやすいかもしれない。
幸せを水とイメージすると、水を通すパイプの幅を拡げるのだ。
あなたのパイプの幅を広げて、アマゾンのような大河にし、幸せの水をジャブジャブと流そう。
まず手始めに、自分の中でどんな感情が幸せを感じるのか、自己分析しなければならない。
例えば、食事をして得られる感情を、例えば下記としよう。
1「美味しい。満腹になる。」
2「友人と会話しながら食べると楽しい。」
3「お金を払いたくない」
4「食べに行くのがめんどくさい」

1と2は幸せに結びつく。
3と4は幸せに結びつかない。
当たり前である。
だが、ここで、終わるのは凡人であり、クズである。
一生、「能動的に」自分の幸せを生み出すことができないクズである。
幸せになりたい我々は、カイゼンをする必要がある。
3と4を幸せに結びつけるように、価値観を変えたとしたら、いかがだろうか。
例えば、こんな考え方はどうだろう?

3「お金を払いたくない」
→むしろ、食事をご馳走することによって、友人からお金では買えない笑顔や感謝をもらうことができる。
→食事代なんてどうでもよくなるぐらい、お金を稼げばいいんじゃないか。仕事のモチベーションに変換する。

4「食べに行くのがめんどくさい」
→むしろ、食事を自分で用意して、家に呼ぶ。そうすることによって、面倒だが料理の腕前が上がる。
→タクシーでいく。タクシー代なんてどうでもよくなるぐらい、お金を稼げばいいんじゃないか。仕事のモチベーションに変換する。
自分の価値観を、幸せに準ずるように最高にカスタマイズした場合、こうなる。
1「美味しい。満腹になる。」
→今日はこんなおいしいごはんを食べることが出来て、なんて幸せなんだ。
2「友人と会話しながら食べると楽しい。」
→今日はこんな楽しい友人と食事ができて、なんて幸せなんだ。
3「お金を払いたくない」
→今日はみんなに食事をご馳走した。友人からお金では買えない笑顔や感謝をもらうことが出来て、なんて幸せなんだ。
4「食べに行くのがめんどくさい」
→タクシー代なんてどうでもよくなるぐらい、お金を稼げている僕は、なんて素晴らしくて幸せなんだ。

多少無理があるが、要は上記のように「自分の価値観を、幸せに準ずるように最高にカスタマイズ」できればなんでもいいのである。
微調整は長い人生の中でとっていけばいい。
考え方をカイゼンすることによって、日常的な事象でも、やたらと幸せになる。
観点や価値観を変えることによって、こんなにカンタンに幸せ度が増すのである。

ポジティブな人間は何故幸せなのか。
それは、
・幸せになる感情が多いので、同じ行動を取って、同じ事象を体験しても、普通の人より幸せになる確立が高い。
・上記と同様に、そもそもマイナスの感情に繋がる行動が少ない。つまり不幸せに感じる確立が少ない。
プラスが多く、マイナスが少ない。
僕は会社の社長だから、会社になおすと
ポジティブ人間はネガティブ人間に比べて、売上が高くて経費が少ないのだと思う。
だから、利益(幸せ)が多く残る。
優良企業である。(笑)

一生に一回ぐらい、富士さんの御来光を観に行きましょうツアー。 富士山、登ってきました!!

富士山、登ってきました!!

とにかく天気は最高!!最高のヒキでした!!!

ご来光は感動の一言!!
で、ご来光の反対側に、富士山の影ができるりっぱな影富士もみて、気分上々↑↑↑です☆

10人中、9人が山頂、1人が9.5合目だったのですが、まー上々の登山記録でしょう!!

来年、気が向いたらまたいきますので、皆さんも是非いきましょー!!

http://auc-m.jp/nvafdu173912hajh/warcry.jpg
http://auc-m.jp/nvafdu173912hajh/yamamoto_6.jpg

【非効率的な日曜日を何とかするスレ】つまらん睡眠、つまらん飯、つまらん酒、つまらんテレビ、、、

山本ショーイチ(32歳・独身)です。
職業は、服屋をやっています。
今日は私の悩みを聞いてください。

【悩み】
月曜から金曜日までは仕事しまくりで比較的楽しいのに、土日がつまらん。
土日は仕事が出来ない。そしてもともと自分に甘いので、一日寝て過ごしたりして、何も残らないときがある。
この前なんて、気がついたらつまらん評論番組を2時間も見てしまっていた。あの2時間を返して欲しい。

【山本を自堕落にしてしまう敵の分析】
私を自堕落にする原因を分析してみました。

1・ベッド。こいつは最強。戦うと殺される。
2・飯を満腹まで喰う。すると、睡魔にラリホーマで殺される。(ラリホーマはドラクエの魔法です。)
3・飯だけでなく、時には昼間からランチワインを楽しんでしまう。すると睡魔に殺される。
4・土曜に深酒をして、gdgd感が残っており、それに引きづられる。するとベッドに殺される。
5・「満腹飯」に勝るエキサイティングな予定がない。だから飯に殺される。
6・男性特有のそれ、ついついやってしまい、ラリホーマで殺される。

【敵と戦わない対策】
では、どうすればいいか。
そもそも人間は欲望の生き物である。欲望と戦って生き残れる可能性は極端に低い。
よって、「ダメ。ゼッタイ。」の精神で、欲望と戦わない環境を作り出すことが勝利の秘訣ではないかと考えた。
俺、すげー賢いと思う。

a・土日だけ、ベッドを裏返す。
→無理。重い。
b・レストランに入るとき、「850円までしか使わない」と決める。
→無理。注文してしまう。
c・というか、そもそも金を持ち歩かない。
→無理。金を使いまくりたい!
d・土曜の夜は、ペリエかサンペレグリノ(炭酸水)をたしなむ。
→意外と効いた。
e・エキサイティングな予定を入れる。
→イチバン素晴らしい。
【結論】
結論としては、「e・エキサイティングな予定を入れる。」だ。
だが、エキサイティングな予定は毎週訪れるわけではない。
最も重要なのは、「エキサイティングな予定が無いときに入れる、まあまあエキサイティングな予定」を準備することだと思う。
いわば、安牌。

で、ここからがつまらんオチになるのだが、私の中で「まあまあエキサイティングで、いつでも用意できる予定」となると、読書となった。本当につまらんオチだ。
だが、読書は平日の仕事力強化にも大いにつながる。
よって、休日には5冊以上の本、会社や自宅に積まれているのが望ましいというのが結論となった。

ちなみに、ここまで私の友人に真剣に30分ぐらい話をして、彼に痛烈な反論で最後に締めくくられた。

「ショーイチ、もっと素直に休みを楽しめんのか?腹いっぱい食って寝ろ!!」

30分の議論をすべて無駄にできる彼が、世界でイチバン正しいと思った。

【禁煙セミナーにスタッフ3人と行ってきました。】

定価20万円のセミナーに交通費3万円を使って、宿泊費6万円を使って、スタッフ4人で行ってきました。
たけー!!
でも教育費は、スタッフが成長すれば後から戻ってくる!と、どっかの偉い経営者が言うてましたが、正にそのとおりだと思います。
清水の舞台から飛び降りる気持ちで、ガツンと行ってまいりました。
スタッフがタバコをやめることによって、彼らが元気に仕事をして、また私も彼らと過ごす時間が増える。
彼らの人生も、私の人生も幸せになる。
そうも考えて、トライしました。
ちなみに、このセミナーは禁煙以外のコンテンツも素晴らしく、
・目標設定し、実現のために習慣に落とし込む方法
・人生のミッションを探る
・健康になるための習慣
・コミュニケーションスキル
・良くデキるアイツをマネする方法
など、かなり色んな学びを得てきました。
そんな中、彼らが臨んだ「禁煙コース」
私以外、3人ともタバコを吸うので、恐れおののいていましたが…
禁煙コース受講後、3人とも涙をボロボロ流すほどの大きなショックを受け、そしてその後に禁煙を固く誓い合いました。
(どんな禁煙セミナーだったかは、ここでは伏せます。)
やはり、本当に、心の底から出た人間の言葉というものは、人を感動に導くのだ、と感じます。
3人が禁煙を誓い合う、その姿を見て、私ももらい泣き(号泣)してしまいました。
30過ぎたオッサンが4人肩を合わせて泣いている姿は、圧巻でした(笑)
その後、一ヶ月経ちましたが、まだ3人の禁煙は続いています。
スタッフの一人が言いました。
「たまに、気がついたらポケットのタバコを無意識に探している。完全に忘れるにはもう少しかかるかもしれんけど、泣きながら誓った禁煙を破ることは出来ない。」
私には、私の信じる道がある。
経営してて、良かったと思う。
P.S.
「タバコは悪だ。」という彼ら3人を見て、私の友人はこう言いました。
「また、ショーイチに乗せられて禁煙とかして。やめたらいいのに。」
私は彼に言いました。
「羨ましいんやね。どうして、『私も高い基準に引き上げて欲しい』と素直に言えないんですか?」
と。

【最高にうまいハンバーガーの作り方】自分が出来ない仕事を、どうやって人に頼むのか

皆さんに相談したい。
過去の私(山本昌一)は
「自分が出来ない仕事に関して、他人や部下に成果を求めたり、評価をしたりする資格はない。」
と考えていた。
具体例を出そう。
・マクドナルドで、ろくにハンバーグも焼けない社員がアルバイトに
「お前らもっと綺麗にハンバーグ焼けよ!」と怒鳴る。
・掃除をすることが大の苦手の部長が、会社の女の子に
「事務所が汚いと、心まで汚くなるやろ!!はよ掃除しろ!」
と怒鳴ってコーヒーを飲みに行く。
・アパレル会社の社長が、デザイナーに
「もっと売れる服を作れ!!」と発狂する。
上記のような、「自分が出来ない仕事に関して、人に成果を求める」ことは非常に愚かに見えていた。
ただ、高い視点から見ると、上司は全員が万能ではないし
組織は、自分に出来ないことを補完しあうから組織なのだ、ということもわかってきた。
だが、客観的に見ると、上記具体例の行動は、他人には受け入れがたい。
私がマクドでバイトしていても、「このオッサン、自分でハンバーグすら焼けへんくせして、人に押し付けやがって!ボケが!!」と思う。
しかし、組織としてはアルバイター山本にうまいハンバーグを焼かせないといけないし、アルバイター山本がうまいハンバーグを焼けないと、罰としてブン殴らなければならないと思う。
我々は、組織のために、どうやったら「自分が出来ない仕事に関して、人に成果を求める」ことが出来るのだろうか?
私は久しぶりに悩んだ。
悩んだ。
悩んだ。。
悩んだ。。。
何しろ、価値観を変えて、新しい行動基準に落とし込む作業だったから超悩んだ。。。
しかし、問題に対しては、どんなつまらない案でもぜっっったいに仮説を出さなければならない。
苦し紛れに、下記を考えてみた。。
「自分が出来ない仕事に関して、人に成果を求める」ための3つの方法
1・心から建設的であれ
まず、自分が建設的でなければならないと思う。
私利私欲のために他人を動かしてもいつか壊滅するし、その悪意は必ず伝わると思う。
我々は、常に建設的でなければならない。
2・目的を共有する
では、何に対して建設的になるかというと、「我々の共通の目的」に対してである。
会社だと、ミッション(「私の人生の目的は新しいアパレル流通を作り全ての人々を幸せにすることである!」とかそういうの。)が目的だろう。
恋人なら、「私たちが幸せな結婚生活を送るためには」というのもある。
こういった目的を設定し、共有することによって、途端に「建設的」が真実味を帯びると思う。
説得力が増し、言葉が力を持つ。
「私はあなたと同じ目的に向かって頑張っている。その目的を達成するために、私が出来ない仕事をあなたにやって欲しいのです。」
こう言われると、やる気になる。
言葉に力がこもる。
3・自分の責務を果たす
自己の成長を促し、「2・目的共有」を補完し、目的を実現させるための方法が「自分の責務を果たす」だと思う。
アタリマエのことだが、組織の中で他人に要望を出すには、自分が仕事が出来ないよりは、出来た方がいい。
「私はあなたと同じ目的に向かって頑張っている。その目的を実現するために、私が出来ない仕事をあなたにやって欲しいのです。」
→これも相当に説得力のある言葉だが、責務を果たすと下記のように変わる。
「私はあなたと同じ目的に向かって頑張っている。その目的を実現するために、私はこれだけの仕事をしました。それでも、私がこなせる仕事は限られている。だから、私が出来ないこの別の仕事をあなたにやって欲しいのです。」
→ここまでいくと、言われた方は反論もなく、すんなり仕事をするとことが出来る。
例を挙げよう。
私はあなたと同じ「夫婦円満」という目的に向かって頑張っている。その目的を達成するために、私は「朝のゴミ出しと、洗濯物の取り入れと皿洗い」をしました。それでも、私がこなせる仕事は限られている。だから、私が出来ない「夕飯の支度と掃除」をあなたにやって欲しいのです。
私はあなたと同じ「お客さまが最高に美味しいと思うハンバーガーを作る!」という目的に向かって頑張っている。その目的を達成するために、私は「最高にうまいポテトを揚げて」います。それでも、私がこなせる仕事は限られている。だから、私が出来ない「最高にうまいハンバーグを作る」をあなたにやって欲しいのです。
私はあなたと同じ「新しいアパレル流通を作る」という目的に向かって頑張っている。その目的を達成するために、私は「会社のお金回りと、営業関係の統括」をしています。それでも、私がこなせる仕事は限られている。だから、私が出来ない「デザインや、生産管理」をあなたにやって欲しいのです。
という論理に落ち着いたのだが、皆さんどう思いますか?
あなたは、うまいハンバーグを、建設的に焼く気になりますでしょうか?
私にこう言われて悪い気がしなかったら、いつか出会う貴方の同僚に、同じようにしてあげてくださると嬉しいです。
Writing Time 65min

【今日の会社キャンペーン】みんな、スマートになりましょう。

皆さんも薄々感づいていると思いますが、iphoneにする人が増えています。
僕は、元々は違う理由でiphoneにしたのですが、使っていくうちに、この電話機の素晴らしさと、将来性を感じました。
明後日予約開始のipadも買おうと思ってます。
東京で飲んでいたら、「iphoneを持っていない人は、ビジネスマンとして怠慢だ。」と言われました(笑)
たぶん、将来は、
・雑誌の発売日に、ipadに一通のメールが。月300円で今月号の新作viviが届く。メールのURLをクリックすると、雑誌が開く。
雑誌の文字に反応して、グーグルアドワーズ広告も。
気に入ったワンピをクリックすると、商品詳細ページに。
定価9800円のワンピが、vivi発売日ディスカウントで、本日のみ10%オフ!!
「欲しい!今日買わなきゃ!!」
2秒でクレジット決済!!
そして、その雑誌は全世界で同時発売され、韓国、中国、インドネシア、日本から注文が入る。
ワンピは「本日便」で、仕事から帰ったら届いてる!!
最新の商品が今日手に入り、明日から使えて、支払いは来月!!
みたいな感じになると思います。
うん、1500%の確率でゼッタイなります。
なんで、今からスマートフォン、特にiphoneを使って、「スマートフォンの感覚を身につける」必要があると、強く、思っています。
そうじゃないと今後将来のビジネスに対応しにくくなりますし、逆にアパレルではITしているひと少ないので、shoichiグループのスタッフがこの感覚に慣れておけば後々有利かと。
で、会社から提案。
「iphoneに変える人、ipadを購入する人に、会社から2万円報奨金を出します。」
iphoneも、ipadも買うぜ!!将来はスマートフォンユーザーに、服売りまくりましょう!という人には、4万円報奨金です。
これは前々から考えていましたが、まず私がiphoneを使い、周囲のipadの使い勝手を見て聞いた上で、私一人で決めました。
それぐらいスマートフォンの未来に将来性があると踏んでいるということです。
予算もそんな使わないし、それ以上のメリットあるかなと。あと全員がソフトバンクになったら、通話料も落ちますしね。
shoichiグループは、会社のスマートフォン化を推奨します。
よろしくお願いいたします。
備考
・とりあえず、全ての事柄は期限決めないと良くないので、期限は10月末まで。
・既に持っている人は、ごめんなさい。
・最低限、会社に時間をコミットしてくれていないと予算を組む意味がないと考えています。今回は月当たりの給与が平均5万円を超えている人に限らせて下さい。
上記、意見下さい。

【社員旅行】バリに行ってきました。

バリ、行ってきました。

いやー、すごく良かったです。68000円のツアーとは思えなかった。

やっぱり、ビジネスでもなんでも、徹底的な相見積もりがタイセツですね(笑)

ホテルも結構当たりだったし、海も、観光も良かった。(食事は…まあ置いといて。)

旅行はメンツがいいと、ホントに楽しい。

画像は、僕が一番やりたかった、サンセットディナー。

1秒ごとに違う顔をみせるキレイな夕焼けを見ながら、裸足でサラサラした砂を感じつつ、バーベキューとビール!!

仕事のミーティングもがっつりできたし、とてもいい旅行でした。また、今年もがんばって、来年ステキな場所に行こう。

CIMG5596

CIMG5633

見積もり無料!!050-3151-5247

お問い合わせ

在庫処分の流れを漫画で見る

TASUKEAI PROJECT 0

副業セミナー

オークション価格相場研究所

アパレルOEMをご依頼の方へ

海外でのお取引をお考えの方へ

アライアンスパートナー募集

人材募集のご案内