【最高にうまいハンバーガーの作り方】自分が出来ない仕事を、どうやって人に頼むのか

皆さんに相談したい。
過去の私(山本昌一)は
「自分が出来ない仕事に関して、他人や部下に成果を求めたり、評価をしたりする資格はない。」
と考えていた。
具体例を出そう。
・マクドナルドで、ろくにハンバーグも焼けない社員がアルバイトに
「お前らもっと綺麗にハンバーグ焼けよ!」と怒鳴る。
・掃除をすることが大の苦手の部長が、会社の女の子に
「事務所が汚いと、心まで汚くなるやろ!!はよ掃除しろ!」
と怒鳴ってコーヒーを飲みに行く。
・アパレル会社の社長が、デザイナーに
「もっと売れる服を作れ!!」と発狂する。
上記のような、「自分が出来ない仕事に関して、人に成果を求める」ことは非常に愚かに見えていた。
ただ、高い視点から見ると、上司は全員が万能ではないし
組織は、自分に出来ないことを補完しあうから組織なのだ、ということもわかってきた。
だが、客観的に見ると、上記具体例の行動は、他人には受け入れがたい。
私がマクドでバイトしていても、「このオッサン、自分でハンバーグすら焼けへんくせして、人に押し付けやがって!ボケが!!」と思う。
しかし、組織としてはアルバイター山本にうまいハンバーグを焼かせないといけないし、アルバイター山本がうまいハンバーグを焼けないと、罰としてブン殴らなければならないと思う。
我々は、組織のために、どうやったら「自分が出来ない仕事に関して、人に成果を求める」ことが出来るのだろうか?
私は久しぶりに悩んだ。
悩んだ。
悩んだ。。
悩んだ。。。
何しろ、価値観を変えて、新しい行動基準に落とし込む作業だったから超悩んだ。。。
しかし、問題に対しては、どんなつまらない案でもぜっっったいに仮説を出さなければならない。
苦し紛れに、下記を考えてみた。。
「自分が出来ない仕事に関して、人に成果を求める」ための3つの方法
1・心から建設的であれ
まず、自分が建設的でなければならないと思う。
私利私欲のために他人を動かしてもいつか壊滅するし、その悪意は必ず伝わると思う。
我々は、常に建設的でなければならない。
2・目的を共有する
では、何に対して建設的になるかというと、「我々の共通の目的」に対してである。
会社だと、ミッション(「私の人生の目的は新しいアパレル流通を作り全ての人々を幸せにすることである!」とかそういうの。)が目的だろう。
恋人なら、「私たちが幸せな結婚生活を送るためには」というのもある。
こういった目的を設定し、共有することによって、途端に「建設的」が真実味を帯びると思う。
説得力が増し、言葉が力を持つ。
「私はあなたと同じ目的に向かって頑張っている。その目的を達成するために、私が出来ない仕事をあなたにやって欲しいのです。」
こう言われると、やる気になる。
言葉に力がこもる。
3・自分の責務を果たす
自己の成長を促し、「2・目的共有」を補完し、目的を実現させるための方法が「自分の責務を果たす」だと思う。
アタリマエのことだが、組織の中で他人に要望を出すには、自分が仕事が出来ないよりは、出来た方がいい。
「私はあなたと同じ目的に向かって頑張っている。その目的を実現するために、私が出来ない仕事をあなたにやって欲しいのです。」
→これも相当に説得力のある言葉だが、責務を果たすと下記のように変わる。
「私はあなたと同じ目的に向かって頑張っている。その目的を実現するために、私はこれだけの仕事をしました。それでも、私がこなせる仕事は限られている。だから、私が出来ないこの別の仕事をあなたにやって欲しいのです。」
→ここまでいくと、言われた方は反論もなく、すんなり仕事をするとことが出来る。
例を挙げよう。
私はあなたと同じ「夫婦円満」という目的に向かって頑張っている。その目的を達成するために、私は「朝のゴミ出しと、洗濯物の取り入れと皿洗い」をしました。それでも、私がこなせる仕事は限られている。だから、私が出来ない「夕飯の支度と掃除」をあなたにやって欲しいのです。
私はあなたと同じ「お客さまが最高に美味しいと思うハンバーガーを作る!」という目的に向かって頑張っている。その目的を達成するために、私は「最高にうまいポテトを揚げて」います。それでも、私がこなせる仕事は限られている。だから、私が出来ない「最高にうまいハンバーグを作る」をあなたにやって欲しいのです。
私はあなたと同じ「新しいアパレル流通を作る」という目的に向かって頑張っている。その目的を達成するために、私は「会社のお金回りと、営業関係の統括」をしています。それでも、私がこなせる仕事は限られている。だから、私が出来ない「デザインや、生産管理」をあなたにやって欲しいのです。
という論理に落ち着いたのだが、皆さんどう思いますか?
あなたは、うまいハンバーグを、建設的に焼く気になりますでしょうか?
私にこう言われて悪い気がしなかったら、いつか出会う貴方の同僚に、同じようにしてあげてくださると嬉しいです。
Writing Time 65min

お問い合わせはこちら

コメントをどうぞ