株式会社shoichi

化粧品メーカー様が持つ終売商品の在庫処分【リップ・チーク・アイシャドウ5000点】

2023年12月15日 1:05 PM


「選択と集中」はビジネスにおける基本的な戦略です。
自社が得意とする分野や注力すべき分野にリソースを多く割くことで、生産性アップや売上アップを目指す戦略です。
たとえば商品を製造するメーカーが製造に注力するため、販売を外部に委託すれば、生産力アップの実現や商品開発がさらにおこなえるでしょう。

メーカー側の委託販売は「選択と集中」が実現できるため、合理的な一方で商品在庫に関するリスクは変わりません。
委託販売においても、商品が思うように売れなかった場合には、在庫は委託元に返却されるため、在庫が残ることになります。

今回紹介する事例は、化粧品メーカー様の事例です。
製造した化粧品を委託販売していましたが、商品入れ替えのタイミングで販売しきれなかった商品が返却されました。
返却された化粧品は使用期限が短く、残りが半年という状況。
また店頭に並んでいたため、パッケージに問題があるなど再販するには難しい状態でした。
今回は使用期限やパッケージ不良などの問題を抱えるリップ、チーク、アイシャドウなど、5000点の在庫処分の依頼をいただきました。

化粧品メーカー様の在庫処分事例


今回在庫の買取依頼をいただいたのは、化粧品を製造する化粧品メーカー様になります。
委託販売の形で化粧品を販売していましたが、商品入れ替えのタイミングで販売しきれなかった化粧品が返却。
返却された化粧品は、使用期間の短さやパッケージ不良を抱えているため、今回はすべて在庫処分の対象となりました。

継続でご利用いただいているお客様のため、やり取りはスムーズに進み、1点につき100円での買取が決定。
在庫処分の対象となった商品数は全部で約50,000点になるため、買取総額50万円で無事取引は完了しました。

化粧品メーカー様としては、使用期限は残っている一方で、パッケージ不良があるため、買い取ってもらえるか不安だったとのことです。
また売り切れなかった商品をすべて買い取ってもらえ、助かったとのお声をいただきました。

お引き取り後の再販ですが、今回は終売商品のため、再販時の販路規制はありませんでした。
再販先は小売店様と弊社の直営店であるColorsに決定。

前者の小売店様では、化粧品の福袋用アイテムとして卸売りをおこないました。
福袋用のため、パッケージ不良は問題にはならず、低価格でメーカー品を仕入れられて、大変好評でした。

後者のColorsは、訳あり商品を低価格で販売をコンセプトにしている店舗です。
訳あり商品とはいえ、メーカーの化粧品が安く購入できるとして大人気となりました。

【買取事例概要】
・買取商品:化粧品(リップ、チーク、アイシャドウなど)
・買取数量:5,000点
・買取単価:100円
・買取総額:50万円
・再販規制の説明:販路規制なし
・再販先:化粧品の福袋用として小売店へ卸売り・直営店舗Colorsで販売

インターネットの浸透は、商品のライフサイクルを極端に短くしました。
流行り廃りがとてつもないスピードで進んでいるため、企業側が商品開発をするスピードもかつてないほど速くなっています。
短くなったライフサイクルはさまざまなメリットを生み出す一方で、今回紹介したケースのような、委託先からの返品が起きやすい状況を生み出しています。

訳あり商品の在庫買取もおまかせください

今回ご紹介しました化粧品メーカー様のように、訳あり商品の在庫を抱えて困っているお客様は少なくありません。

昨今では訳あり商品に対して、お客様も柔軟に対応される方も増えているため、売りやすい状況にはなっています。
一方で訳あり商品を売り切るのは、まだまだ簡単ではありません。
特に使用期限や賞味期限の近い商品・食品を売り切るのは、なおさら難しいでしょう。

もし訳あり商品の在庫にお困りであれば、ぜひ弊社におまかせいただければと思います。
在庫処分を請け負う会社様の中には、パッケージ不良や使用期限の近い商品を取り扱わない会社も少なくありません。
一方で弊社はさまざまな再販経路を持つため、お客様の持つ訳あり商品への対応を可能としています。

また在庫の商品がブランド力の高い商品の場合でも、長年のノウハウを生かして、ブランド毀損を起こさない形で対応いたします。

他にも急ぎでの在庫処分や大ロットの在庫処分があれば、ぜひ弊社にご相談ください。
株式会社shoichiでは、在庫買取に関するどんな些細なお悩みでも承っております。
ぜひ弊社へお気軽にお問い合わせください。


【著者紹介】 山本昌一山本昌一
株式会社shoichi代表取締役
所属団体:KanFa関西ファッション連合/日本繊維機械学会/JAFIC 一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会

大学在籍中からヤフーオークションでブランド商品・アパレル等の販売などを行い オークションで仕事をする自営業の道を選ぶ。 その後在庫処分ビジネスをスタートし、20年間在庫処分の業界に身を置く。 累計4000社のあらゆる在庫処分を手掛ける。

山本昌一プロフィール>>

見積もり無料!!050-3151-5247

お問い合わせ

在庫処分の流れを漫画で見る

TASUKEAI PROJECT 0

副業セミナー

アパレルOEMをご依頼の方へ

海外でのお取引をお考えの方へ

アライアンスパートナー募集

人材募集のご案内