株式会社shoichi

コロナ禍によるイベント中止・延期により、浴衣事業を閉鎖したOEM業者の買取事例【浴衣 4000点】

2021年5月06日 7:52 PM

浴衣事業を閉鎖したOEM業者の買取事例
明暗を分けた新型コロナ禍での小売業。
新型コロナウイルス感染症は、2020年の小売業に大きな打撃を与えました。

ステイホームやテレワークの要請で、
空気清浄機・ノートパソコン・高精細テレビなどの売れ行きが好調な一方、
各地でイベントや行事が軒並み中止・延期となり、
シーズンものやイベント関連の商材を生産・販売している業者は苦境を強いられる形となりました。
そしてその影響は、いまだ収束が見えない2021年にも大きな影を落とし続けています。

浴衣・和装の生産販売業者も深刻な状況

浴衣や和装を生産・販売している業種もそのひとつです。
花火大会や祭り・入学式や卒業式などがひとたび中止・延期となれば
浴衣や和装を着る機会は激減します。
業界にとっては大ダメージです。

2020年の4~5月は多くの百貨店やショッピングモールなどが
臨時休業せざるを得なかったため、これも大きな痛手となりました。
ある百貨店では浴衣の売上は前年度の半分近くまで落ち込んでしまったようです。

また、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、
各国政府は厳しい入国制限・ビザ発給の厳格化を行っています。
このことでインバウンド需要も激減しました。

浴衣や着物の生地をマスクやワンピースに用いたり、
ネット通販や他業種・アーティストとのコラボレーション企画、
更にはネット会議などで用いられる「Zoom」を使った「Zoom盆踊り大会」を企画するなど、
伝統や文化を守るべくメーカーや百貨店も各社生き残りを掛けて模索と新しい事にチャレンジをしています。
しかし、先行きが見通せない中、止む無く事業を閉鎖・撤退したり
廃業する業者様も残念ながら少なくありません。

今回のOEM業者様も、浴衣事業を閉鎖するため在庫処分を決心されたようです。

OEM業者(和装・浴衣)の買取事例

2020年はイベントというイベントが全て無くなってしまったため、
浴衣が全く売れなかったそうです。
頼みのネット通販でも売れず、浴衣事業を閉鎖。
在庫処分という形になりました。

商品:浴衣(浴衣・下駄・帯 3点セット) 
数量:4000点
単価:600円
販路制限なし
海外のColors店舗で販売予定

イベント・シーズンものは時期を外すと売れ行きがどうしても鈍りますし、
感染が収束しなければ本来の需要もインバウンドも見込めません。
今回は販路制限なしでお話がまとまりました。

日本国内だけで販売しきれるか難しいため、
海外店舗でも販売を検討しています。
特に日本文化に関する商品は海外では一定の人気もあります。

shoichiは海外にも店舗・販路を持っているのが強みです。
国内で消費・処分し切れないものも、海外まで販路を広げれば話は異なってきます。
ブランド毀損を防ぎつつ安全に在庫処分が出来ることも大きなメリットです。

イベント・シーズンもので在庫を抱えて困っていらっしゃる業者様、
お話を聞かせて頂けたらと思っております。


【著者紹介】 山本昌一山本昌一
株式会社Shoichi代表取締役

大学在籍中からヤフーオークションでブランド商品・アパレル等の販売などを行い オークションで仕事をする自営業の道を選ぶ。 その後在庫処分ビジネスをスタートし、20年間在庫処分の業界に身を置く。 累計4000社のあらゆる在庫処分を手掛ける。

見積もり無料!!050-3151-5247

お問い合わせ

在庫処分の流れを漫画で見る

TASUKEAI PROJECT 0

副業セミナー

オークション価格相場研究所

アパレルOEMをご依頼の方へ

海外でのお取引をお考えの方へ

アライアンスパートナー募集

人材募集のご案内