在庫処分サービスサイト shoichi > 代表プロフィール

代表プロフィール

代表 山本昌一略歴
株式会社shoichi(ショーイチ)
代表取締役 山本昌一
1978年8月3日生
鳥取大学卒

(株)shoichiの代表山本昌一はオンライン通販、ヤフーオークションを中心に10年間ネット物販に携ったインターネット物販専門家です。

ご挨拶

こんにちは、本日は当社のホームページをご覧下さりありがとうございます。

我社の最大の目的は、在庫(不良在庫・滞留在庫)となった商品達をもう一度生かすことです。

私は、大学在籍中からヤフーオークションでブランド商品・アパレル等の販売などを行っていました。
就職活動もしましたが、この頃すでにバブルは崩壊、就職氷河期になっており、私はサラリーマンよりもオークションで仕事をする自営業の道を選びました。

イメージしかし、オークションでも大手資本の参入などが始まり競争が激化し撤退。その後悩んだ結果、やはり自分にはオークションビジネスだと確信し復帰。
2004年まではブランドアパレルを中心に、2004年以降は法人在庫に特化して物販を行って来ました。延べ100社を超える法人の相談に乗りながら、様々な在庫を買い取り・卸させて頂くなかで、行き場の無くなった在庫は非常に多く、弊社に通期の在庫処理コンサルティングを依頼されることもあったのです。そして在庫品が捨てられたり焼かれたりすること知りました。
それは商品を大切に思う私にとって残念な事実で、この経験から自分に出来ることはないかと考えた結果、自社オンライン店舗と今までの取引先ネットワーク(全国大型問屋、大型販売店など)を使った、 在庫品の処分代行を考案したのです。

様々な立場から冷静に在庫を分析し、在庫処分戦略を立てるのが我が社のポリシーです。
そのために今まで我が社が培ったノウハウをお客様(販売店様)に提案し、少しでも在庫が無くなり、生産者から消費者まで無駄のない流通を構築したいと考えています。

ご存じの通り、在庫処分という仕事は多彩であり、問題も多い仕事です。
しかし、だからこそ我が社のノウハウが生かされ、最終的に両者のためになるお取引に成立する可能性は上がります。これが我が社の一貫したポリシーです。そのためには値段と商品が釣り合っていなければお断りすることもあります。しかしそれは最終的なことであり、商品を生かすための最大限の努力をお約束します。

shoichiのポリシー

在庫をお持ちのお客様と、在庫を買われる顧客。様々な立場から冷静に在庫を分析し、在庫処分戦略を立てるのが(株)shoichiのポリシーです。

(株)shoichiの提供するものはオンラインでの販売ノウハウ・実績と、(株)shoichiの築いた多くの小売店・日本中のブローカーとの販売関係です。お客様は高く売りたい、顧客は安く買いたい。双方の意見を尊重しながら慎重にお取引を進めさせて頂きます。

山本より皆様へ

在庫処分という仕事は様々な商品に触れる仕事でもあり、難しい案件も目白押しです。お客様と顧客、どちらも大満足というのは大変難しいですが、たとえ待って頂いても最終的に両者のためになるお取引にするというポリシーを貫きます。値段と商品が釣り合っていなければ、丁重にお断りする。この姿勢を崩しません。
それ故、取引が成立し(株)shoichiがお役に立てた時には喜びは大きいです。

ダンボール1個の在庫からでも気軽に相談できる。そんな関係を築きたいですね。

株式会社Shoichiは貴社の眠れる在庫に魂を
与え、再び輝くステージを与えます!!

お問い合わせはこちら

message  
激安ファッション通販サイト ラブファッションアウトレット
▲TVで紹介されました!