在庫処分サービスサイト shoichi > ブログ > 在庫処分 > 廃業 > 廃業に伴う在庫処分のお話2

廃業に伴う在庫処分のお話2

廃業に伴う在庫処分のお手伝いをさせて頂いた、前回記事の続きです。

お客様のお店で在庫処分品の引き上げと金額の査定を終え、その足で神戸に移動し、靴の展示会に行きました。

値段を確認してみると、今シーズンの商品だったこともありますが、安くても3000円~の商品しか置いていませんでした。

弊社shoichiでは、その10分の1程度の価格で卸していることを考えると、とても安いなと改めて実感しました。帰り道、靴の在庫処分をさせて頂いたお客様のことなど、その一日を振り返りました。

寒さも手伝って少し寂しいような、切ないような気持ちになったので、会社に残るスタッフ達へのお土産に、南京町の老祥記の豚饅頭をたくさん買って帰りました。

お客様のご感想

後日、前述のお客様からお電話を頂きました。「商品の在庫処分に困っていたので、買取って頂いて助かった、ありがとう。振込みも早く、大変助かった。」と、ご丁寧なお礼のご連絡でした。弊社としては、(現在は大変かもしれませんが)お客様の今後が、良い方へ向かうようにお祈り申し上げるばかりです。そして在庫処分品として買取らせて頂いた靴は、大事に取り扱い、場所を変えて再び光が当たるようにさせて頂きたいと思います。

このように、大事な在庫商品を泣く泣く手放す方は多くいらっしゃいます。余談ですが、アパレル関連の経営者様は一本気の方が多く「うちはミセス専門の店だからミセスの商品しか置かない!」という考え方の方が割と多くいらっしゃいます。一途なのは大変素晴らしいことだと思いますが、現在は一つのやり方で突き進むより、柔軟に展開される方がうまくいくケースも多いのです。

今回の件も含め、私どもとしては、もう少し早めにお目に掛かることが出来れば、弊社の在庫処分サービスを絡めた、何かしらの軌道修正のお手伝いをご提案することが出来たのではないか・・・と少し悔いの残るケースも割とあります。もちろん止むを得ず廃業となってしまった場合は弊社で買取らせて頂き、責任を持って在庫処分のお手伝いをさせて頂きます。

次回また書かせて頂く予定ですが、shoichiでは在庫処分のサービス方法も「買取」・「委託」と二種類るので、状況に応じたご提案が可能です。お困りの際は、大事な商品を無駄にしてしまわないためにも、お客様のご負担を取り除く為にも、是非お早めにお問合せ下さい。shoichiは皆様のお力になりたいと思っております。

お問い合わせはこちら

コメントをどうぞ

message  
激安ファッション通販サイト ラブファッションアウトレット
▲TVで紹介されました!