在庫処分サービスサイト shoichi > 在庫処分の方法は企業ごとに

在庫処分の方法は企業ごとに

物品を直接販売する販売店をはじめとして、様々な問屋など、商品を扱う店舗においてまれに起こりがちな在庫問題があります。

理由のひとつに商品のオーダーミスや先方のキャンセルなどがありますが、在庫を抱えたままでは売り上げや新たな商品の仕入れの量にもかかわることなので、在庫処分が必要となるのは事実です。

保管場所の問題・在庫処分のペース

在庫

在庫を倉庫に放置したままでは、商品を新たに仕入れておくために在庫が邪魔になります。また、古い在庫は売れないものであり、商品によっては腐敗やカビなどの原因ともなり、倉庫の衛生問題にもかかわるため、早急な在庫処分が必要となるのです。
特に食品などの生鮮食品の場合には、1日に1回処分することがほぼ義務といわれ、翌日まで在庫を残さないことが必須条件といわれています。衣類や家電などの季節商品の場合には、数ヶ月に1度、季節の在庫処分を行うときに必要と言われているのは、知られている通りです。
企業によっては決算期ごとに在庫処分セールを行っていることを知っている方も多いでしょう。

処分の際にセールを行うことは事実ですが、その方法は企業ごとに異なっています。

顧客へ還元を行うセール

第一に、顧客への還元を行うタイプです。この方法が一番有名なセール方式となっており、通常よりも安価で商品を購入できるため、利用した経験を持つ方も少なくありません。また、定期的に行われるセールを待って購入する人が多いのも事実です。企業の決算期や年度末などある程度の目安を待って購入する人も増えています。リーズナブルな商品を購入する際に、消費者の強い見方として判断されているばかりではなく、企業側にとっても在庫を処分するばかりか売り上げに貢献できるため、メリットがあるものです。販売方法の中には常連のみを招待するイベントで販売するタイプや、広く来店しやすい店舗での販売方法のほかに、自社で運営しているインターネットサイトでの販売と言う形もあります。それぞれの形でのやり方を理解しておくことで、企業側では最も儲けにつながりやすいやり方、消費者側ではリーズナブルな商品の手に入れ方が可能となるのです。
第二に、中古商品を取り扱う商店に転売する方法があります。在庫をある程度の儲けによって転売できるばかりではなく、中古販売店側でも美品をリーズナブルな価格で仕入れることができるとして、歓迎されていることも少なくありません。
自社にとって一番のメリットとなる形での処分方法こそ、商売人としての能力が問われます。

お問い合わせはこちら

message  
激安ファッション通販サイト ラブファッションアウトレット
▲TVで紹介されました!