在庫処分サービスサイト shoichi > 在庫買取り業者の存在と役割

在庫買取り業者の存在と役割

経済と言うものは、さまざまな商取り引きが、行われることで成り立っています。
そうした商取り引きの原点は、消費者と生産者の2者の間で行われるものです。

ところが、経済が発展してくると、卸や仲買や運輸など、役割分担が行われるようになりました。
そのような経済における役割分担における、ひとつの形態として、在庫買取りが注目されています。

商売をしていると、商品を何処かから仕入れて、仕入れた商品を販売しなければなりません。
もちろん、仕入れた商品が、滞ることなく全て短期間で販売出来ることが、一番の理想になります。

しかし、ほとんどの商売において、ある程度の売れ残り商品が生まれることが、一般的です。
そのため、多くの商売をする人は、売れ残りによるロスを、初めから計算に入れています。

売れ残る量をある程度予測しておいて、その分の料金を、販売価格に盛り込むのです。
こうすることで、売れ残りが発生しても、その分のロスをカバーすることが可能となるのです。
ここで問題となるのは、そうした売れ残った商品が、在庫として溜まっていくことです。

在庫が発生しますと、それをストックしておく場所が必要になります。
すると、その場所を確保するために、倉庫などを用意しますと、そのための費用が別途必要となるのです。
倉庫を確保するための費用と言うのは、商取引きでは、意外に大きな支出となるのです。
そうした在庫をストックする費用を、見直すことが可能なのが、在庫処分になります。

すなわち、費用を差し引いた金額よりも、買取り金額のほうが高ければ、利用価値があるのです。
また、商売をしていると、仕入れの費用のために、短期的にお金が必要になることもあるでしょう。

あるいは、従業員を雇用していると、給与の支払いのための現金が必要になることもあるのです。

こうした短期的なお金を調達するという点でも、在庫買取業者を利用することは、メリットがあります。
いっぽうの在庫買取り業者は、そうして買い取った商品を、何処かに販売します。
ところが、買い取った商品と言うのは、いったんは売れ残った商品です。

その売れ残って需要が少ない商品の、需要がある場所を、見つけ出すことが必要です。
そうした商品の需要と供給と言う、絶妙なバランスを見つけることが、こうした業者は優れています。

勿論Shoichiもそうですが、いかに売れ残りの商品に付加価値をつけ高く売るか
このノウハウが優れているため他の業者よりも効果買取ができるのです。

もちろん、Shoichiも他社の在庫買取り業者も自身の利益を確保しなければなりません。
その利益を確保したうえで、買取価格が設定されますので、弊社では上記の点から他社に負けない

高価買取が実現できるのです!

是非在庫でお困りの担当者の方はお問合せください。お見積りはもちろん無料です。


お問い合わせはこちら

message  
激安ファッション通販サイト ラブファッションアウトレット
▲TVで紹介されました!