在庫処分サービスサイト shoichi > 会社の在庫は宝の山かもしれません!

会社の在庫は宝の山かもしれません!

在庫イメージ

売れずに残った在庫は、経理上は資産になり売り上げを生まない不良在庫は会社の資金繰りを圧迫させる元になります。
しかし、どうやっても売れない場合は、あきらめるしか無いと思いがちです。

ですが、どのように使うかのベネフィットを変えてみると売れた事例や、不良在庫の買取を専門にする業者(株Shoichi)があります。
捨てていたものを上手く加工して、新しい付加価値を付けて高収益を上げている会社があるからです。
もしかしたら、国内ではどうやっても売れないかもしれませんが、海外なら売れるケースもあります。
現在は、インターネットが普及して、調べたりコンタクトを取ったり、アイデアを募集したりすることができるのです。
だからといって、定価で売ろうとしてはいけません。

お客も安く購入できる所を探している為、結局買い手がつかずに終わってしまいます。
先ずは、市場・関連商品を詳しく調べてみることです。

新しい価値を見つける

在庫処分の工夫

上記にあげた、市場を調べてみたり、社員にアイデアを募ることを始めることをまず行いましょう。

売れ売れ一辺倒では売れなかった在庫品の新しい価値が見つかる可能性があります。
当然、簡単に見つかるものではありませんが、新しい価値が見つかれば社員のやる気も変わります。
そのやる気が、会社を活性化させて健全な資金繰りに繋がるのです。

どのように商品が使われているのか、お客様に直接聞いてみるのも有効な方法です。
隠れた利用法を発掘して、新しいターゲット層にすごく売れた例もあります。
そのキーワードは、その相手にどんな便利があるかを考えることです。
相手の事を知る努力を惜しまないことです。
しかし、不良在庫化したものをいつまでも同じ方法売ろうとする、このあきらめない努力は売れずに終わってしまうこと同じ意味です。

相手のベネフィットに叶わなければ、押し売りになります!
相手のベネフィットに叶う商品は、宝の山になり得ます。

こういった工夫は、在庫処分で、速やかに安売りするよりも利益を会社に出してくれるでしょう。
方法を調べたり探してみること癖にすると、今まで見えていたものが変わって見えます。

しかし、もしもどうしても売れる方法が見つからない場合は、速やかに在庫処分をしてしまう決断も必要です。
年月と共に、風化してしまうことと在庫の場所の経費はタダでは無いからです。
その際はShoichiまで是非お気軽にお問合せください。相談・お見積りは勿論無料です。
先ずは、調べたり聞いたり・考え方の視点を変えることを惜しまないことが、よりチャンスを生むのを忘れないでください
一番いけないのは、無理に押し売りさせたり忘れようと何年も在庫を放置することです。

お問い合わせはこちら

message  
激安ファッション通販サイト ラブファッションアウトレット
▲TVで紹介されました!