在庫処分サービスサイト shoichi > ブログ > 在庫処分 > アパレル > 関西ファッション連合に掲載されました。「光るファッション企業の針路」

関西ファッション連合に掲載されました。「光るファッション企業の針路」

h28.7.22.seniNews.KanFA20
(株)shoichiはアパレルで不良在庫となった商品に再び輝きを与える在庫処分ビジネスを手掛ける。

 「一般衣料は当然、ユニフォームであっても、基本的にどんなものでも買い取る」と明るく話す山本昌一社長。これまで大手メディアで紹介されるなど、全国的に認知度を高め右肩上がりで売り上げを伸ばしてきた。現在の年間売上高は10億円規模、5年後には売り上げを現在の2倍にして在庫処分ビジネスのトップ企業を目指す。

 現在37歳の山本社長が在庫処分業を始めたのは大学在学中のこと。元をたどれば、独りで始めたインターネットオークションでの中古衣料やブランド品の販売が原点だ。「単純に面白いと感じたし、服が好きだった。規模も順調に大きくなり、一生続けられる仕事と感じた」。大学卒業後の2005年に起業し現在の礎を築く。

 在庫処分と聞けば、安く大量にまとめて売りさばくことを想像するが、同社では一つ一つの商品に独自の「分析」を加え、次に「見せ方」で工夫を凝らし多様な販売網で販売する。どこで、どのような売り方をすれば買ってもらえるのかを考え、物流や倉庫管理なども総合的に戦略化しているのが特徴だ。

 例えばレディースアパレル商品の場合は次のような3カテゴリーに分けて、売り方を決める。(1)かわいくて同じ物が大量にある商品。写真を撮り、小売業者に卸売りする。もしくは自社のネットショップなどで売り出す(2)かわいいが、半端な数しかない商品。写真は撮らず、個別に客先にニーズを聞いて小売業者にその場で選んでもらう(3)かわいくない商品。仕入れ値より安値でもすぐに売り払う。

 次に見せ方としては、例えば白いカットソーであれば、他のブランドのジャケットとコーディネートし、セット販売するなど、商品が最も魅力的に見える方法を考える。その選択肢の一つが自社で運営するネットショップ。サイトはオシャレブロガーの着こなしや、海外セレブのスナップ写真を基にしたアイテム紹介など、元が不良在庫品とは思えない、魅力的なショップづくりとなっている。

 今後は海外展開も視野に入れており、中国などでのアパレルの生産地に拠点を置いて、在庫処分ビジネスができないか検討中だ。日本でのノウハウを生かし、商社と問屋を一つにした存在を目指す。生産工場からの買い付け、在庫管理、物流、卸売りまでを一貫して手掛ける構想だ。


お問い合わせはこちら

コメントをどうぞ

message  
激安ファッション通販サイト ラブファッションアウトレット
▲TVで紹介されました!