1 / 3512345...102030...最後 »
 

不良在庫に魂を与え、売り切る。 多様な販路開拓でサポート

メディア掲載
アパレル商品を軸とした在庫処分業に携わって10年ほどになります。いわゆるバッタ屋です。私は20歳でネットオークションの会社を起業し、その後、海外ブランドの在庫処分業の方と出会って「一生続けたい仕事」と思い、詳しいことは知らずにこの商売を始めました。思い立ったらすぐに行動する性格なので、失敗もたくさんしました。でも、ユニクロの柳井正さんが本に書いていましたが、早く失敗すれば早く改善できると思うのです。

この業界は高齢の人が大半で、アパレル企業で働いた後に独立してメーカーとなり、その在庫を処分する過程で他社の在庫も扱うようになる方が多いようです。企業規模は小さいのですが、業界や商品に関する知識も資金も人脈もあるので、同じことをしても勝負になりません。バッタ屋は一般に、在庫を一括して引き取って市場に卸す、つまり転売で処分しています。そのため、ディスカウントされるのが一般的です。それでも売れなければ、最終的には燃やされるということを、この商売を始めた頃に知りました。商品は欲しい人のもとへ渡って初めて生きてくるのですから、その橋渡しをしたいと強く思ったのです。その思いと経験から、「法人専門の在庫処分代行業」を発想しました。

当社が既存の在庫処分業者と違うのは、メーカーから在庫を買い取るか委託で預かって、小売店や問屋、仲間卸、ネットショップなどで販売していただく、あるいは当社のサイトや直営店で販売するという仕組みです。販路を幅広く、多様に持っていることが強みです。売るときにも手間をかけます。1点1点の在庫を分析して、売れる可能性の高い販路に仕分けていく。商品としての見せ方も工夫します。モデル撮影をしたり、他ブランドや当社のオリジナルブランドとコーディネートで提案したり。仕入先に迷惑をかけないよう配慮しながら、買う人の視点で在庫を魅力化する戦略を立て、実行していきます。

在庫に魂を与え、付加価値を高めて輝かせることによって、売り切るのです。
価格も、できるだけ高く売れる単価をスピーディーに査定します。速い対応は仕入先にとって安心感となり、また同業他社と同じ提示価格になった場合も当社を選んでいただけることにつながります。仕入先には、在庫処分の依頼時にはとくに資料など作らなくてもかまいませんと言っています。その時間を次の物づくりなど本業に使っていただきたいからです。

もう一つ、既存の在庫処分業者にはない機能を持っています。自前の倉庫・物流です。私たちは段ボール1箱の在庫でも請け負いますが、大量の依頼が多いため、仕入れる商品は月間で10万点に上ります。この膨大な仕分けを自前の倉庫とスタッフで行うからこそ、値付けも販路探しも速いのです。確かに固定費はかかりますが、リスクを負ってでも自分たちで仕分けしたほうが、売れるのも速いんですね。ただ、人の力でやっているので、大変な作業でもあります。機械化できることはするなど、徹底して効率化したうえで人の力を生かすことに注力しています。本業の精度を上げるということです。

このようなことに取り組むのは、スタッフみんなが当社のビジネスを担えるようになってほしいと思うからでもあります。在庫処分業は経営者の目利きと経験に依るところが大きく、一代で終わってしまうことが多いんですね。ビジネスを継続していくためにも、仕組み化や組織のあり方を考えることが必要です。今後はアパレル分野の在庫処分業を磨き、シェア拡大を目指します。他分野の在庫も扱っていますが、アパレル分野でトップの存在価値を確立することが優先課題と考えています。

Profile/やまもと・しょういち

1978年生まれ。鳥取大学卒業。在学中に20歳でオンラインによる通販やオークションの会社を起業。
リサイクルアパレルブランドのネット通販に10年間携わり、2004年、アパレルに特化した在庫処分サービスを開始。

2005年、「Shoichi」設立。
2008年、キャリア女性向けのオンラインショップ「LOVE FASHION OUTLET」開店。
2009年、オリジナルブランド「MARTHA」発売。

2017年新年のご挨拶 代表山本昌一

■ご挨拶

みなさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
私も今年で39歳。
あと26年しか働けませんので、もっとガツガツやります。
皆さんも公私共にお付き合いをよろしくお願いします。

「山本さんが会社やってる動機はなんですか?」

新人にこの前聞かれて、そういや最近人に話してないし、新人は当然知らないだろうなとと思った。
トップの動機を知ることはチームづくりの上でも重要だ。
皆様に再度伝えたいと思う。

自分は21歳の頃に、「人間はなんのために生まれて来るのか」ということをずっと考えていた。
で、至った結論は「人間は幸せになるために生まれてきた」

だから自分は、幸せに一直線に向かいたい。
そのためには、「どうなったら幸せになるか」「自分にとって何が幸せか」がわからんと、向かう方向がわからない。
幸せの定義はその人の価値観で決まる。
恋愛成功したら幸せだという人もいたら、趣味没頭できたら幸せだと言う人もいる。人それぞれだ。

■山本の幸せは何か。
これも考えに考え抜いた結果、結論に至った。
山本の幸せは、「好きな人たちと、長時間一緒にいる」だ。
・仲いい友達といくロイホのほうが、よくわからんオッサンといく5万の寿司屋よりも楽しい。
・好きな人とやるクソゲーのほうが、嫌いな人とやるベストゲームよりも楽しい。
だから好きな人と何かをやることが一番幸せに近い。
じゃあ、どうしたら「好きな人たちと、長時間一緒にいる」ことができるのか。
そのためには、経済活動であるビジネスが一番いいと思った。
(21歳前後はこういうことばっかり考えてた。)

■誰だって飯は食わないといけない。99%の人間がそうだ。
だったら、好きな人間の人生をビジネスである程度抱えてしまえれば、「好きな人たちと、長時間一緒にいる」につながる。
偉い高僧でも腹は減る。腹を満たすためにはカネがいる。

闇金ウシジマくんの名言で「カネが全てじゃねえが、全てにカネが必要だ。」というのがあるがそのとおりだと思う。
俺も皆も、経済活動は必ず行わないといけない。
だったら、ビジネスが勝てる範囲の中で、少しでも仕事が楽しくできた方がいい。

「みんなが幸せにならないと、自分(社長)も幸せにならない」

それがビジネスだと思う。
人生では、寝る時間、遊ぶ時間よりも仕事時間のほうが長い。
仕事をするということは、君らの人生の中で、最も長い時間を共有させてもらえるということだ。
これが、山本20歳のときから寸分も変わっていない、会社経営の動機である。

■個人的にだが、ビジネスは手を変え品を変えできるところが気に入っている。
こっちで能力が発揮できない人でも、違うところだと成果を出したりする。
(株)shoichiだけでも、在庫処分の営業、自社ネットショップ、免税店への卸、店舗とあるし、YOUDEALゲームバーを加えると、常時雇用人数は100人を超えている。
石子まさみ君は俺と3度ビジネスをした。パチンコ、shoichi、ゲームバー。性格がいいから3度もビジネスができた。カネも任せれるし、稀有な存在だ。
手塚さんは一度shoichiをやめたが、時折撮影を手伝ってくれている。
てるちか君はshoichiの経理をやめたが、YOUDEALの経理を手伝うようになった。

■(山本の幸せとは何か。補足)
なんでも数値化したがる山本の幸せは、下記の計算式になる。
幸せ度=(その人を好きな度数)×(その人と過ごした時間)
例・高橋から山本が受ける幸せ度=(山本は高橋のことが100好き)×(20時間過ごす)=2000幸せポイント
体積の計算と一緒。だから、より多く、より深く、より長く、が、体積最大化となる。

■さて、上記で、「ビジネスが勝てる範囲の中で、少しでも仕事が楽しくできればいい。」と書いたが
「少しでも仕事が楽しく」=「スタッフの幸せ」と変換したい。

スタッフの幸せとは何か。けっこう長く考えていたことがある。

色々本を読んだ中で、京セラ稲森さん「人は物心両面で満足」と言っていた。これが一番しっくり来た。
私の「物心両面」は下記のように定義づける。

・物→同業他社よりも少しでもマシな給料を長期間出し続ける。
・心→職場を性格のいいメンツで揃える。

職場を性格のいいメンツで揃え、同業他社よりも少しでもマシな給料を払い続けることが、スタッフの幸せになると考え、会社経営をしている。

同業他社より5%10%多く給料を払うのは難しいが、ビジネスで勝って給料アップを皆と実現していくのは値打ちがある。
もちろん、同業他社より多く払えてるスタッフも居るし、そうじゃないスタッフもいるが、
合計値としては他社と比較しても悪くないと思う。

■スタッフにも2種類いる。
1,給料をもらっているという感覚を持っているものと、
2,給料をもらいながらも、みんなの給料をあげよう。ビジネス成功させようと少しでも考えてくれるスタッフだ。
もちろん、「2のスタッフの方が性格がいいスタッフ」になる。
性格がいいスタッフから優遇していきたい。私が関わっているビジネスでは、高橋が最も高給だが、彼は常に給料以上の仕事をしようとしてくれている。それでいて、彼から給料を上げてくれと言われたことは、18年間一度もない。(本当)
高橋には創業時に給料を待ってもらったことも何回かあった。普通は待ってくれないと思う。
性格がいいとしか言いようがない。

■昔、英二郎に言われたことがある。
「山本さんはスタッフは仲間と言いますが、仲間というわりにはめっちゃ詰めますよね。それはなんでですか。」
もう少し柔らかい言葉だったと思うが、こういう趣旨だった。

みんなが俺に、仕事で一番不平を強くぶつけてくるのは、「できない人と働くこと」。
そのくせ、名指しで「●●さんのここが仕事できません」という人はほとんどいない。
だから、厳しくやる。詰める。
そうしたら、できない部分がわかりやすい。
いい人を雇うこと以上に、人のできない部分を見つけて「あなたはここができてません。いつまでに直してください。」と、「面と向かっていう」ことが重要だ。

だから、スタッフが幸せになるために
より良い性格、能力のスタッフを雇用し、基準に満たない人をごめんなさいする。
基準以下のスタッフにごめんなさいをしない会社は、
「周りを食わせてるスタッフ」より「食わせてもらっているスタッフ」の比率が増えていき、会社沈没となるからだ。
会社がなくなったら給料も未払いになるし、何もイイことがない。

まとめ

これが私が会社をやっている動機だ。
なんで、死ぬまで規模は増やしていくし、
俺が老人になっても、「俺、もう60歳だしあと5年で定年だから、商売小さくしていくわ」とか1億%言わないので、安心してほしい。
今年もよろしくお願いいたします。

おまけ1

2015年から、商売を観察することを練習している。
レストランに入ったら、
・ここは客単価5000円ぐらいで、原価率28%ぐらいで
・席数40席で
・営業時間と、前面道路の人通りと、食べログの点数は3.71だから、だいたい客数800人ぐらいで
・50坪だから地面代70万ぐらいで
・スタッフ5人いるから、人件費140万ぐらいで
・広告費雑費20万
・店に1500万かかってるから減価償却2年で割って62万
→減価償却入れたらほぼトントンやな。とか考える。

で、一番重要なのは最後に、「自分が経営者なら、この店をどうやって利益率7%まで持っていくか」を考えることだ。

こうやって売上上げよう。こうやってコストカットしようと考えると、商売の練習になるし、たまに「自分の会社で使えるやん」となることもある。
バガボンドで、武蔵が「天下無双の真理」に近づくために、何度も何度も剣を振り、素振りをするが、あれと一緒で、俺も商売の真理に近づくために素振りをする。これが結構楽しい。

おまけ2

これも去年からだが、
「このビジネスで勝つために、誰にどの仕事をどのレベルまでやってほしいか、というのを強く直球で伝える。」ということを意識している。

まだ足りないが、これは結構効果が出ていると思っていて、
思ったよりみんな、直球で何回も言われないとわからないんだなと思った。
で、これを知り合いの経営者に話したら、山本君それはリクルートでいう「要求する」って言う文化だね。

(これはググったら出てくるので省略します)

「企業は人なり」と言う。

優れた経営者の条件は、構成メンバーの人物をよく知り、誰にどの仕事をどのレベルまで要求するかである。自分と同じことをするようにメンバーに求める人がいる。考え方を同じにすることはできるが、起業家と同じことはできない。できる人がいればその人は新たな起業家になる。

これは効果的だったので、もっとやっていく。
そして、これが部下に対してやれる人を、組織の中で上に上げていこうと思う。
部下に、「こうなってください」と言える人がいい。
部下が変わるだろうし、部下からも「お前はやってんのか?」と思われる。そうならないために自分を磨く動機になるだろう。

年末年始の営業日のお知らせ

(株)SHOICHIでは、誠に勝手ながら年末年始の営業日は下記の日程とさせていただきます。

年末の営業日  2016年12月29日まで

  ● 年始の営業日  2017年  1月 4日より

お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解いただきます様お願い申し上げます。
本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、20167年も変わらぬ お引き立てのほど
宜しくお願い申し上げます。

雑貨・生活雑貨でも特に高価買取される商品

生活雑貨の買取
(株)shoichiでは雑貨・生活雑貨の在庫買取を強化しております。
では高額査定が期待できる生活雑貨にはどのようなものがあるのでしょうか?

まずは雑貨とはどんな商材でしょうか?

雑貨とは、日常生活で使う「日用品」や「生活雑貨」の総称である。

世の中に多量に流通しているため、通常雑貨には希少性などはほとんどないものが多いです。

特に買取となるとリセール品となるため、上記のような希少性のない雑貨は特に値がつきにくいのもご理解いただけると思います。

しかしながら少々高くても質のいい雑貨を使いたいという消費者の要望は一定数あるので、買取価格に差が出ます。

 

●仕入れ間もない未開封品
未開封、未使用の生活雑貨も高価買取可能です。また、箱の劣化や汚れも買取の金額に影響しますので、なるべく購入から間もないもののほうが高価買取が可能ですのでまずはお気軽にお問い合わせください。
もちろん、箱のないものや付属品などがないものも買取可能です。
その他高価買取が可能な生活雑貨も多くございますのでまずはお問い合わせください。

●ブランド品

タオルやグラスなどのブランド品であれがかなり高額に買取が期待できます。

また外箱も大事な要素なので、なるべく原型に近いもののほうがよい。

●アウトドア用品

アウトドア用品は季節ものですが一定数需要があります。特に有名人気メーカー品などは値崩れしにくい商材となります。

 

 

日経ビジネスに掲載していただきました。 「バッタ屋」にあふれる過剰在庫 閉店の大リストラでも追い付かない苦境

日経
9月上旬の大阪市西成区。残暑の激しい日差しの中、1台のトラックが3階建ての倉庫前に到着した。積荷は50箱近いダンボールの山。次々と倉庫に運び込まれて検品に回るその中身は、スカート、シャツ、ジーンズにワンピースなど大半が衣料品(アパレル)だ。
「週に3~4回はこの量が届く。仕入れルートはメーカーやアパレルブランド、卸売業者に小売店など、川上から川下まで全てだ。」倉庫の持ち主である在庫処分業者「shoichi」(大阪市)の山本昌一CEO(最高経営責任者)はそう話す。

在庫処分業者は通称「バッタ屋」と呼ばれる。期末のセールでさばき切れなかった商品や、小売側からメーカーに返品された商品など、サプライチェーンの各段階で発生した不良在庫を買い取り、転売して利益を生む仕組みだ。季節性や流行が重視されるアパレルは在庫として寝かすほど定価では売りにくくなるため、こうした処分業者がひしめいている。

その中で、shoichiの年商は10億円を超えるという。山本CEOは「販路を誠実に守って行きた結果だ」と話すが、アパレルブランドがこの売上を達成できれば、ひとまず成功と見なされる水準だ。山本CEOは自らのビジネスを「必要悪」と評する。「今のアパレル業界は必ず大量の在庫を生む仕組みになっている。新たな生産に入るためにも、それを処分する必要がある」からだ。
同社の倉庫には大手アパレルや有名ブランドの商品が目立つ。「数年前にアパレル各社の業績が悪くなったときにたまった在庫が、今流れてきている。最近でもブランド終了や閉店が相次いでいるから、年末か年明けぐらいにはまた大量のアパレル商材が入ってくるだろう。」

46ページ以降のインタビューでファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が指摘するように、衣料品業界は全体に無駄に商品を作りすぎている。消費ニーズを見定めず、数打てば当たるとばかりに商品を出すさまは、散弾銃をふり回しているようだという。ブランドや店舗の閉鎖、それにより増え続ける不良在庫の山――。急成長する大阪の在庫処分業者の姿は、アパレル産業の行き詰まりも示す。
「永らくご愛顧いただきまして誠にありがとうございました」。東京・銀座、三越に近い好立地に本店を構えるレナウングループの「ロアフィリー」は、9月末でブランドがなくなった。「閉店SALE」の貼り紙が所狭しと貼られた店内は、客足もまばら。「レナウンの別の売り場に異動だそうです」。販売員の女性は淡々と話した。

message  
激安ファッション通販サイト ラブファッションアウトレット
▲TVで紹介されました!